meeta

営業の求人を探すなら転職サイトの【meeta】

営業の求人・転職情報

探す転職から、選んでもらえる転職へ。

適性や志向性から自分らしい仕事と出会える。
meeta(ミータ)は新しい転職スタイル「Meターン転職」を提案します。

適性分析でわかる

書類選考なし

応募必要なし

会員登録

meeta会員利用規約に同意の上会員登録ボタンをクリックして会員登録に進んでください。

Facebookアカウントで会員登録

または

企業からの面接依頼メールの受信とやり取りはアプリから! ※すでに会員の方はアプリをダウンロードしてください。

サービスフロー

App Storeからダウンロード

Google Playで手に入れよう

他に、どんな求人から面接依頼が届くのかをチェック

適性診断(シゴトフィット)から探す

あなたの適性や志向性を診断し、
相性が合う仕事マッチング!
あなたの仕事に対しての大事にしているところや
あっている仕事のやり方も診断します。

転職アンテナ

営業の平均年収を都道府県別に分析

営業の平均年収を見る

営業職について

営業職は、商品やサービスを売る仕事です。種類としては法人向けや、個人向け、代理店向けの営業があります。営業は自社の商品、サービスを理解して、顧客に説明して、顧客のニーズを的確に捉え提案し、販売します。販売してからの顧客との窓口業務も担います。販売した商品に不具合が発生した場合にはクレーム処理を行うこともあります。営業の仕事は基本的にどの企業でも求人を出しています。営業職は顧客のクレーム処理や、新規開拓したクライアントから自分の成果を認めてもらえた時に感じることが多いです。苦労が多い分、達成感は他業種よりやりがいを感じる場面は多く訪れます。また、勤務時間は会社によってまちまちですが、朝早くに出社する会社がほとんどです。営業職は残業がある場合も少なくないので、転職の際は事前の確認が必要です。 営業職に求められるスキルはコミュニケーション能力です。特に話を聞く力が必要といえます。顧客のニーズを的確に捉える必要があり、理解力の高さも必要です。基本的に特別な資格や免許は必要ありませんが、業務の中で資格や免許を取得する場合もあります。また、顧客から技術的な質問をうけたり、トラブル対応の窓口をしているうちに、技術的な知識やその場に適した応対能力も自然と身につくため、個人的なスキルアップにつながります。

営業のよくある転職理由と志望動機

営業職への転職を希望する人の中には、頑張りを具体的な数字で評価されたり、インセンティブとして給与に直結したりすることで、やりがいを見出したいという志望動機をもっている方が多いです。また、求人先の商品や営業手法に魅力や可能性を感じ、自分の手で多くの人や企業に広めていきたいというケースもあります。中でも特に多いのが、営業職から営業職への転職です。これまでの経験と培ってきた営業スキルを生かし、新たな分野での営業にチャレンジしてみたいという動機で転職する人が多く見られます。その場合、前職で大きな実績を残し、営業課長や営業部長などの管理職へ役職を上げていくことを目的として転職するケースがあります。もしくは、業界内の深い知識やマーケティング知識を増やし、顧客の課題を解決すべく戦略立案していく専門家であるコンサルティング営業を目指し転職するケースもあります。また、人と関わるのが好きという性格を生かして働きたいという求職者もいます。そういった場合、顧客の状況や、業界の動向、経済や景気といった社会の動きなどさまざまなことに興味をもって知識を深め、顧客のニーズに合った提案をしていくことで、顧客との関係を深める楽しさややりがいが志望動機となっていることが考えられます。

関連する職種から求人を探す

営業職

その他の職種から求人を探す

営業| 事務・企画| 飲食・販売・サービス| 医療・介護・保育| 建築・土木| ドライバー・警備・設備・工場業務| ITエンジニア| 機械・電気、他| クリエイティブ| その他・専門職