meeta

その他・専門職の求人を探すなら転職サイトの【meeta】

その他・専門職の求人・転職情報

探す転職から、選んでもらえる転職へ。

適性や志向性から自分らしい仕事と出会える。
meeta(ミータ)は新しい転職スタイル「Meターン転職」を提案します。

適性分析でわかる

書類選考なし

応募必要なし

会員登録

meeta会員利用規約に同意の上会員登録ボタンをクリックして会員登録に進んでください。

Facebookアカウントで会員登録

または

企業からの面接依頼メールの受信とやり取りはアプリから! ※すでに会員の方はアプリをダウンロードしてください。

サービスフロー

App Storeからダウンロード

Google Playで手に入れよう

他に、どんな求人から面接依頼が届くのかをチェック

適性診断(シゴトフィット)から探す

あなたの適性や志向性を診断し、
相性が合う仕事マッチング!
あなたの仕事に対しての大事にしているところや
あっている仕事のやり方も診断します。

その他・専門職の求人すべてから探す

転職アンテナ

その他・専門職の平均年収を都道府県別に分析

その他・専門職の平均年収を見る

その他・専門職について

専門職には様々な職種があります。専門職のうち、例えば教師の仕事は全国各地で求人情報がありますが、採用枠は都道府県により異なります。主に小学校、中学校、高校教師の3種類あります。その中でもさらに、公立、私立の違いがあり、学校によって給与は多少変動します。中学、高校教師の主な仕事は授業だけではなく、テスト作成や授業の組み立て、生徒のケア、部活動やイベントの主催や引率など幅広くあります。様々な生徒がいるので生徒の対応は難しいですが、教師のサポートで助けられる生徒がいることが実感でき、やりがいのある仕事です。基本的にはカリキュラムに沿った授業を組み立てますが、ある程度独自で考えることができるのも面白さの一つです。また、小学校では中学や高校とは違い全教科を一人で教えるという特徴があります。教師になるためには、教員免許の取得が必要です。大学等で文部科学大臣認定の教科や教職に関する科目の単位を修得するケースが多いです。社会人の方で教師に転職を考えている場合は、特例で教科の知識に優れているなどの条件をクリアすることにより、免許がなくても教師になれる道があります。採用試験は働きたい都道府県から選び、難易度はそれぞれで異なります。教科の知識はもちろんですが、生徒が成長する環境に密接に関わるため、子供が好きな人やエンターテインメント力がある人が向いているといえるでしょう。また、教師になることでコミュニケーション力が身に付き、ティーチング力の向上が期待できます。  

その他・専門職のよくある転職理由と志望動機

その他・専門職の転職を考えている人の動機に、より条件のよい職場で働きたいという動機が多く見られます。特に士業系では、同じ職種への転職が多いため、全職場でのキャリアを生かし、より高い給料や安定した休日など自分に合った条件の職場を求めて転職するケースがほとんどです。逆に、一定規模以上の企業で監査や会計の実務経験を積むことで、公認会計士の筆記試験が一部免除される制度を生かし、資格を取得して転職することを目的に、下積みとして転職するケースもあります。また、マーケティングやコンサルティングなどの求人は、職種経験や業界経験を問わず中途採用を行っているものが多いこともあり、新たな分野で総合的なビジネススキルを身に付けたり、大きなプロジェクトに携わって働いたりしたいという転職動機がよく見られます。中には、中小企業診断士や税理士、公認会計士といった資格と経験、専門性の高い知識を生かしたコンサルタント業務を行っている企業も多く、前職の経験を生かして新たな環境で働きたい求職者も多いといえるでしょう。経営学修士号や経営学に関する専門性の高い知識や、営業職での業績や身に付けた交渉スキル、語学力などを生かし、他業界から転職する人も見られます。

関連する職種から求人を探す

教育職| 公務員| 農林・水産・牧畜(農業・林業・漁業・酪農など)| 専門職(コンサルタント、金融、他)

その他の職種から求人を探す

営業| 事務・企画| 飲食・販売・サービス| 医療・介護・保育| 建築・土木| ドライバー・警備・設備・工場業務| ITエンジニア| 機械・電気、他| クリエイティブ| その他・専門職